クリニックCLINIC

肌の再生医療「ベビーセル」を始めて20年の実績・経験がある美容クリニックです。所属する医師の全てが専門医です。お気軽にご相談ください。

  1. ご挨拶

    すべてはあなたの美しさのために...

  2. すべては肌のために

    なにより肌を考えたスキンケア

  3. 細胞培養設備

    細胞培養設備

  4. 医療機関情報

    ベビーセルの提供医療機関

今こそ、しみケア

暑い夏、紫外線を受けた肌のシミはいつの間にか増えてたり、濃くなっていまず。
シミができている部位は、メラノサイトがメラニンを過剰生成している状態なのです。また何かしらの原因で肌のターンオーバーがスムーズにいかなくなり、表皮にメラニンが蓄積されシミとなって現れてしまいます。
そもそもシミには種類があるのは知っていますか?そして、ケアの仕方もシミによって違うのです。
あなたの顔にあるシミはどのタイプか確認してみてくださいね。
「そばかす」は、子どもの頃に鼻中心に散らばっている5mm以下のシミです。遺伝的な要素があり紫外線で濃くなってしまいます。最近では小さい時から日焼け止めを使用していますが今の30代以降では殆どの方が小学生時代は真っ黒に焼けてた人が多くいましたよね。今程紫外線に対して危険性を感じていない時代だったんですね。
「老人性色素斑」はシミの中では比較的多く見られ、直径数mm~数cmくらいの大きさで、円状の形が特徴。紫外線に当たりやすい、ほお骨の上や手の甲などに多く見られます。
「花弁状色素斑」は紫外線に晒された後に肩や背中に出来、そばかすより大きめです。また、そばかすがある人に起こりやすい様です。海やプールで身体全体に紫外線を受けた事がある人は要注意ですね。
「炎症性色素沈着」はニキビや火傷、虫刺され跡などの外傷性による茶褐色のシミです。出来てしまったニキビが気になりますが、無理に潰したり触らない様にして薬で対処しておきましょう。
「肝斑」は両頬骨周辺に左右対象に出来る褐色〜薄褐色のボヤッとしたシミ。女性ホルモンや紫外線などによってメラノサイトが活性化されてシミの元が出来てしまいます。そのため特に30歳以降の女性に多くみられる現象ですね。
シミは全体に40代以降に現れることが多いですが、紫外線を長年浴び続けてきた人ほどできすく、さらにシミが増えたり濃くなったりします。まずは日焼け止めを使用して増やさない・濃くしない事を徹底しましょう。
シミは一定期間の間に薄くなったり濃くなったりしていると感じませんか?これは肌のターンオーバーが乱れている時は肌表皮のシミを含む角質が重なり濃く見えるのです。古い角質が剥がれ落ちている時はシミは目立たなくなるのです。日常から美白と保湿を合わせてたケアをしてターンオーバーを整えていきましょう。
シミは化粧品で消える事は難しいですが、これから先、新たに作らせない予防として日焼け止めを通年使用し、肌の角質ケアと保湿に重点をおきましょう。
現在シミの改善治療としては塗布薬・内服・ピーリング・イオン導入・レーザー等あります。シミによって治療方法も違うのです。あなたのシミに本当に効く治療が何なのかプロに見てもらうのが一番の近道かもしれません。

関連記事