クリニックCLINIC

肌の再生医療「ベビーセル」を始めて20年の実績・経験がある美容クリニックです。所属する医師の全てが専門医です。お気軽にご相談ください。

  1. ご挨拶

    すべてはあなたの美しさのために...

  2. すべては肌のために

    なにより肌を考えたスキンケア

  3. 細胞培養設備

    細胞培養設備

  4. 医療機関情報

    ベビーセルの提供医療機関

スキンケアの仕方で変わる2

ケアを行う上で大事な事は、肌にストレスを与えない事です。

そして、使う化粧品がどこに効いてくれるかを思いならお手入れしてみましょう。

まず、触る時には強く擦らないで下さいね。洗顔を終えた後、タオルでお顔全体を抑えて水分を取ります。

化粧水は手に取り両掌で温めてから顔全体に抑える様にこれを3回程繰り返してみて下さい。

1回目は洗った後の水分の蒸発を防ぐ様に。2回目はお肌に化粧水を届ける様に。そして3回目は柔らかくなった肌はより水分が浸透しやすくなってどんどん入っていきます。

この時に気をつけたいのが、段階ごとに水分がきちんと肌に入っているか確認して下さい。また顔は平面ではありません。窪んだ目の周り小鼻の横と鼻の下は意識して触って下さいね。

化粧水の後は必ず乳液など水分が蒸発しないようにベールをかける感じで下多くつける必要はありませんよ。

クリームが苦手の方もいると思いますが、寝ている間に栄養を届けますので、探してみて下さい。

この時も手の平を合わせて人肌に温めると浸透しやすくなりますね。

最後に顔全体を手の平で包んで手パックで終了です。

一連の流れがこれです。最初に書いた事で「強く擦らないで下さい」を覚えていますか。乳液やクリームなど指でつける際には人差し指は使わないで下さいよ。中指と薬指を上手く使いましょう。(人差し指は余分な力が入りやすいのです。)

また首も顔の一部です。一つ一つの動作に首まで伸ばしていきましょう。意外と人から見られやすい箇所なんですよ。

ゆったりとリラックスした状態で行ってみて下さい。今使ってる化粧品を最大限に活かしてみましょう。気になる所に美容液やアイクリームなども同様ですよ。

顔を多く触るのは自分自身の肌の状態と向き合う事です。触っていたいと思える肌を目指して日々の努力の一歩を踏み出しましょう。

関連記事