クリニックCLINIC

肌の再生医療「ベビーセル」を始めて20年の実績・経験がある美容クリニックです。所属する医師の全てが専門医です。お気軽にご相談ください。

  1. ご挨拶

    すべてはあなたの美しさのために...

  2. すべては肌のために

    なにより肌を考えたスキンケア

  3. 細胞培養設備

    細胞培養設備

  4. 医療機関情報

    ベビーセルの提供医療機関

攻めのスキンケアでいつまでも輝く素肌を手に入れる

未分類

攻めのスキンケアこそ、
肌をキレイに整える方法!!

スキンケアには大きく分けて2つの考え方があると思います。それは攻めのスキンケア、守りのスキンケアという考え方。一つは肌が乾燥傾向に傾いたから保湿をしっかりとするためにヒアルロン酸やセラミドの配合した化粧品を使ったり、紫外線に対し、日焼け止めなどのスキンケア対策を施すということ。これらはすべて症状に対するケアなので予防を含めた守りのスキンケア。シミの予防や乾燥肌や肌荒れの予防には非常に効果的です。

しかし、私たちが推奨するのが“攻めのスキンケア”のこと。それは積極的に肌に働きかけ、肌をキレイにすること、若返らせることが主な目的です。残念ながら化粧品などでは攻めのスキンケアにはなりません。攻めのスキンケア“ベビーセル”は肌細胞を直接増やすことで肌の構造から作り変えて土台となる真皮を再構成させることができる特別なスキンケア、それが“攻めのスキンケア”なのです。

— ベビーセルが担うあなたの肌の未来
攻めのスキンケア“ベビーセル”とは一体どういったスキンケアなのか?
ベビーセルとは簡単に言うと、あなた自身の肌細胞(線維芽細胞)を少し取り出し、体の外で大量に培養して増やし、老化したお肌に戻すことで肌そのものを若返らせると言う、最先端の治療技術を言います。

採取して増殖させた肌細胞をセルバンクに預けることで、いつでも引き出して使うことができるため非常に手軽であると言うこともメリットですが、一番の特徴は採取した時の肌細胞をそのままの若さのまま半永久的に眠らせたまま保管・保存できるのが最大のメリットです。

30代の時に採取した肌細胞を、40,50,60代になった時に使えると言うことが肌にとってどれだけ大切で有効なことか、想像するだけで老いに対する不安感も解消されることでしょう。

[ ベビーセルの詳細 ]

— これまでの治療との違い
ヒアルロン酸、ボトックスは肌が若返るわけじゃ無い!
ベビーセルとこれまでのヒアルロン酸注射やボトックスとの根本的な違い。それはヒアルロン酸やボトックスは肌が若返っているわけじゃ無いと言うこと。ヒアルロン酸やボトックスというのは見た目だけの症状を改善できる治療であってスキンケアじゃありません。あくまで擬似的に若返ったように見せかけている美容整形としての治療の一つに過ぎません。もちろん、若返ったように見せるという意味においては非常に重要な役割を担っています。しかし、だからと言って肌そのものが決して若返っているわけでは無いということを理解しておくことも大切です。

しかし、ベビーセルは違います。失われた肌細胞を部分的に補充するため、その部分の真皮のコラーゲンやヒアルロン酸が増加し、肌に弾力や潤いが宿るのです。ベビーセルは細胞を直接的に移植しますので、肌(真皮)そのものを若返らせることができるのです。この違いが他の治療との大きな差なのです。

[ ベビーセルの効果 ]

関連記事