クリニックCLINIC

肌の再生医療「ベビーセル」を始めて20年の実績・経験がある美容クリニックです。所属する医師の全てが専門医です。お気軽にご相談ください。

  1. ご挨拶

    すべてはあなたの美しさのために...

  2. すべては肌のために

    なにより肌を考えたスキンケア

  3. 細胞培養設備

    細胞培養設備

  4. 医療機関情報

    ベビーセルの提供医療機関

紫外線対策

暑い夏には当然の様に日焼け止めをする方は多いと思います。今や、女性だけでなく男性でさえ日焼け止めをする時代です。

今までは紫外線が多い月は5月-8月と言われてました。しかし最近では4月頃から急上昇しています。また、今年の9月はどうですか?真夏日が続きましたよね。今や、半年間は紫外線のピークと思って対策しておかなくてはならないです。では、秋からはしなくても良いのか?というとそうではありません。紫外線は1年間通しての対策が必要なのです。

気をつけなければならない紫外線は2種類UVーAとUVーBです。シミ・日焼けを引き起こすにはUVーBの方です。暑い時期には化粧品のSPFの高い数値の物や塗り直しを意識すると良いでしょう。UVーAは肌の深部まで入り込みコラーゲンやエラスチンを破壊する為、しわになるのです。

そして、厄介なのはこのUVーAの方です。紫外線は目に見えません。ただ、なんとなく今日は暑いな、日差しがきついなと感じて外に出る為に日焼け止めをしている方も多いと思いますが、天気が曇りでも、お部屋にいてもUVーAは降り注ぎ肌を攻撃してきます。

秋冬になっても紫外線は低くはなっても無くなりません。それどころか、自分から日向に行きませんか?紫外線対策は夏だけでは無い事をキチンと理解しておきましょう。

日焼けは時間の経過と共に元の肌に戻ってきますが、できてしまったシミはそう簡単にはなくなりません。壊されたコラーゲン、エラスチンも同様です。戻すには時間や手間がかかるのです。もし、あなたが少しでも早く改善しておきたいと思うのであれば、美容外科に行ってみるのも一つの手段です。シミにはレーザー、しわには今の新しい再生医療で過ぎ去った時間を戻すチャンスかもしれませんよ。

関連記事