クリニックCLINIC

肌の再生医療「ベビーセル」を始めて20年の実績・経験がある美容クリニックです。所属する医師の全てが専門医です。お気軽にご相談ください。

  1. ご挨拶

    すべてはあなたの美しさのために...

  2. すべては肌のために

    なにより肌を考えたスキンケア

  3. 細胞培養設備

    細胞培養設備

  4. 医療機関情報

    ベビーセルの提供医療機関

あなた自身の細胞が、
素肌をキレイにかえる

美しい素肌になりたい、かわりたい。
そんな想いを現実にかえるスキンケアがあったなら…
肌のハリ・艶・弾力・もっちりとした昔のような素肌に戻れたら、
『ベビーセル』があなたの素肌の未来を変える。

ベビーセル〜肌の再生医療による若返り〜

赤ちゃんのお肌はプリプリで弾力がしっかりあり、肌そのものがみずみずしく、指で押してもすぐに押し返してくる弾むようなお肌です。なぜならそれはお肌の中の真皮層でコラーゲン束ねられ、水分を多く含んだヒアルロン酸が大量に存在しているから。

お肌の曲がり角を迎えるまで、肌の老化なんて気にしない方も多いことでしょう。しかし、誰でも肌は衰えるもの。年々、ハリや潤い、弾力が低下し、小ジワやたるみ、肌のゴワツキなどさまざまな肌の老化症状を感じてくることでしょう。だからと言ってどれだけコラーゲンやヒアルロン酸を塗っても飲んでも肌に吸収されるものではありません

なぜならお肌のコラーゲンやヒアルロン酸というのは真皮にいる肌細胞「線維芽細胞」だけがこれらを増やすことができるからなのです。ベビーセルは肌の再生医療によって、一度体の外で線維芽細胞を増やし、衰えたお肌に肌細胞を戻すことによって、細胞の力を使ってコラーゲンやヒアルロン酸を増やし、肌を根本的に若返らせる最先端のスキンケア、エイジングケアなのです。

ベビーセルとは

ベビーセルとはあなた自身の肌細胞を用いて肌を若返らせたり、キレイにする「お肌の再生医療」
耳の裏側などメイクや紫外線など外的なダメージを受けていない皮膚(真皮)の中にいる線維芽細胞を取り出して、細胞培養という特別なバイオテクノロジー技術を用いて、一度体の外で細胞そのものを数百万倍にまで増やし、それを老化した肌に戻して肌を若返らせたり、ニキビ跡などの陥没した部分などお悩みの肌の部分に移植することで、さまざまなお肌の悩みを解消することができる特別なスキンケアです。

どうしてベビーセルで肌が若返るのか

老化した肌の構造

加齢によって肌細胞は年々減少しますので、コラーゲンやヒアルロン酸も同じように減少し、皮膚は薄く変化しシワやたるみを作り出し、肌のしぼみを引き起こしてしまい、肌の老化が進行してしまいます。

ベビーセル治療中

お肌の再生医療「ベビーセル」はご自身の線維芽細胞だけを大量に増殖させ、増えた肌細胞は注射で丁寧に真皮層に戻します。生着した肌細胞はコラーゲンやヒアルロン酸を作り始めます。

治療後の肌の構造

お肌に移植されたベビーセル「真皮線維芽細胞」はゆっくりと時間をかけてコラーゲンやヒアルロン酸を作り出し、肌を内側から生理的に若返らせてくれます。これが私たちの「ベビーセル」の効果です。

これまで行われてきた、さまざまなエイジングケアや治療と違って、細胞(線維芽細胞)そのものを直接的に増やすことができるため生理的・根本的な肌の若返りができるというのがベビーセルの最大の特徴です。

ベビーセルの特徴

ベビーセルはこれまでの手術やレーザー治療とは全く違い、あなたのお肌を根本的に若返らせる、生理的に蘇らせることができる特別なスキンケアです。また、あなた自身の細胞を用いるため極めて高い安全性が保証されているのもベビーセルのメリットの一つです。

  • 生理的な若返りができる
  • 肌そのものが若返る
  • 肌のコラーゲン・ヒアルロン酸を増やす
  • 治療後の痛みがない
  • ダウンタイムが非常に短い
  • 今の細胞を半永久的に保管し、将来使うことができる

これまでの治療との違い

これまで行われてきた肌の若返り治療というのは、実際に肌が若返る訳ではありません。あくまで見た目の若返りをなんとかしてきたというのがこれまでの若返り治療なのです。例えば、ほうれい線というのは頬のたるみによって皮膚が重なってしまいその部分に影ができてしまいますし、シワというのは皮膚のたるみによって溝ができてしまうことで悪化していきます。
これまではヒアルロン酸やコラーゲンを溝の直下に注射し、薬を留置させることで平らにするあくまで立体的な変化を改善してきた訳です。実際に肌のそのものが若返っている訳ではありません。また、薬といっても異物は異物です。時間の経過で徐々に吸収されますし、もしも何らかの異物反応を引き起こしてしまったら取り返しのつかないトラブルに陥る可能性があります。

しかし、ベビーセルは違います。コラーゲンやヒアルロン酸が減少し、衰えた肌に培養技術で大量に増殖させた線維芽細胞を移植することで、細胞の働きを上手に利用し、肌そのものを若返らせることができるのです。この手法の最大の特徴は「根本的解決」であるということ。それと「生理的作用・効果」による治療であるということなのです。

根本的解決というのは、文字通り、肌を根本的に若返らせることができるということ。
生理的作用・効果というのは、ベビーセルによって生着した肌細胞が徐々にコラーゲンやヒアルロン酸を作り出すためにゆっくりと自然に肌が馴染みながら若返るというのがこれまでの治療とは大きく違うことなのです。

レーザー治療に似ている?
ベビーセルはレーザー治療に似た作用・効果がありますが、根本的に大きく違います。レーザー治療というのは、今いる肌細胞(線維芽細胞)を活性化させることしかできません。PRPや成長因子補充も同様です。レーザーやお薬によって強い刺激を与え、細胞を無理やり働かせることで肌の若返りを目指すのですが、細胞そのものが増える訳ではありません。
ベビーセルは細胞を活性化させるだけではなく、細胞そのものを増やせる唯一の治療なのです。