クリニックCLINIC

肌の再生医療「ベビーセル」を始めて20年の実績・経験がある美容クリニックです。所属する医師の全てが専門医です。お気軽にご相談ください。

  1. ご挨拶

    すべてはあなたの美しさのために...

  2. すべては肌のために

    なにより肌を考えたスキンケア

  3. 細胞培養設備

    細胞培養設備

  4. 医療機関情報

    ベビーセルの提供医療機関

肌の基本構造

再生医療の基礎

肌の構造

肌の若返りはあなた自身の肌細胞で決まる!!
いつまでも衰えさせない肌細胞を手にいれる

いつまでも肌は若くないことは知っている、でもいつまでも若くありたい。肌のハリ・艶・潤いを衰えさせたくない。誰もが願う「肌の若返り」。いったいどうしたら肌を若返らせることができるんだろう。

肌の若返りに欠かせないもの

肌の若返りで増やすべきもの

ベビーセルによる肌の若返り

いつまでも肌を若く見せる方法。それは肌にハリ・潤い・艶・弾力を持たせることです。そのハリ・潤い・艶・弾力を持たせるために大切なもの、欠かすことのできないものそれは真皮の「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」です。この2つが減少すると肌は一気に衰えたように見えてしまいます。

だからと言ってコラーゲンやヒアルロン酸を肌表面に塗っても真皮層まで行き届くことはありません。残念がらコラーゲンやヒアルロン酸というのは表面の表皮まで、表皮まで浸透させることはできても、真皮層のように深い層までは表面から吸収されることはないんです。

いつまでも若々しい素肌を保つためには、お肌のコラーゲンやヒアルロン酸を増やすためにはしっかりとした正しい認識を持つことが非常に大切です。ここではそんなお肌の構造などについてご案内いたします。

肌の基本構造

お肌は表面から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」というように3つの層に分けることができます。実はこの層のそれぞれの性質や役割を知っておくことがいつまでも若々しい素肌を保つための基本です。

肌の再生医療はレイヤーメソッド「レイヤー(層)+メソッド(治療)」といって、それぞれの層にターゲットを絞って治療する新しいタイプのスキンケアです。中でもベビーセルは真皮を治療して再生させるスキンケアとお考え下さい。

肌の基本構造

表皮

表皮というのは、お肌の一番外側、表面の皮膚の層を言います。表皮には紫外線などから体を守るメラニンを作り出すメラノサイトが存在しています。メラニンと聞くと誰もがシミを連想し、美容的にはデメリットしかなく、肌には絶対にいらないものと思われる方もお見えになるのですが、メラノサイトは健康な体を維持する上で非常に重要で大切な細胞の一つなのです。

真皮

真皮も表皮と同様一つの層で構成されているのではなく、「乳頭層」、「乳頭下層」、「網状層」と3つの層から構成されています。その真皮の主な細胞成分が「線維芽細胞」と呼ばれる細胞です。
線維芽細胞は膠原線維弾性線維や主要な基質成分を作り出してくれる「ハリ」、「弾力」、「潤い」を維持してくれる非常に大切な細胞なのです。

膠原線維:真皮の主成分でI型・III型コラーゲンから成り立っています。
弾性繊維:真皮に散在し、肌の弾性に重要な線維。
基質成分:主な成分は糖蛋白質とプロテオグリカン。非常に優れた水分保持ができる。

皮下組織

皮下組織というのは真皮と筋膜の間にある皮膚の層を言い、間葉系組織と呼ばれ大部分は脂肪細胞で構成されています。脂肪細胞は単なる貯蔵庫ではなく、エネルギー代謝において非常に重要や器官であり、体温の保温や外力に対する緩衝作用においても重要な役割を果たしてくれます。

肌の老化

肌の老化というのはシワやたるみ、目の下のクマやたるみなど見た目の変化として現れてしまいます。見た目なんてあまり気にしない、年齢相応に過ごせれば良いという方はおそらくベビーセルのホームページを読んでいただくこともないでしょう。当サイトに訪れる方はそれとは真逆で、なんとかしたいと考えている方でしょう。
ここではお肌の老化、老化によって肌が失うものについてご案内いたします。

肌が老化すると

肌はいつまでも若いわけではありません。歳を重ねれば重ねるほど老化の一途を辿ります。しかし、それは正常なこと。だからと言って老いた肌は嫌、いつまでもハリのある若々しい肌でいたいと思うのは誰も同じこと。

肌が失うもの

老化・加齢によって肌が失うものは多い。みなさんが失われるものとして想像するのは「コラーゲン」ではありませんか?コラーゲンが失われるとシワ・たるみが酷くなる。もちろん、それは誤りではありません。実際に加齢によってコラーゲンは大幅に減少してしまいますから。
だからと言って失われたコラーゲンを補充すれば肌は若くなるのでしょうか?
答えは”No”、残念ながらコラーゲンを塗っても飲んでも肌のコラーゲンに置き換わる可能性は「0」なのです。

そこで知ってほしいのは肌が失うものとして注目すべきは「肌細胞」であるということ。もちろん、加齢によって肌が失うものに「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」は含まれます。しかし、どうして失ってしまうのか、その理由が重要なんです。

お肌のコラーゲンやヒアルロン酸というのは、肌細胞が作っているのです。肌のコラーゲンやヒアルロン酸が減少するのは、肌細胞が減少してしまうことによって、コラーゲンやヒアルロン酸が作られる量が減少してしまったからなのです。
肌が失うものとして注目すべきはコラーゲンでもヒアルロン酸でもありません。それらを作り出している肌細胞『線維芽細胞』が失われることが一番大きなことなのです。

肌を若返らせるために

老化した肌を若返らせる方法、それは老化によって失われたものを補充すること。老化によって失われたもの、それはコラーゲンでもヒアルロン酸でもありません。「線維芽細胞」という肌細胞なのです。

肌細胞を補充する

「肌細胞を補充する」って言葉では簡単に思い浮かべることができますが、本当に細胞を補充することなんてできるの?という疑問を持たれる方がほとんどでしょう。しかし、ベビーセルは数十年という歴史がある治療の一つなのです。私たちもこれまで20年という経験を積んできた実績がありますのでご安心下さい。

ベビーセルという選択

ベビーセルとは、あなた自身の肌細胞をほんの少し抽出し、細胞培養という特別なバイオテクノロジーを用いて、数百万倍にまで細胞を増殖させ、肌に移植させることでお肌に細胞を容易に補充することができる特別なスキンケアなのです。
肌を若返らせたい、肌の老化を遅らせたい、そんなあなたの望みには”ベビーセル”という選択肢を持つことが大切なのです。

ベビーセルの詳細

関連記事