クリニックCLINIC

肌の再生医療「ベビーセル」を始めて20年の実績・経験がある美容クリニックです。所属する医師の全てが専門医です。お気軽にご相談ください。

  1. ご挨拶

    すべてはあなたの美しさのために...

  2. すべては肌のために

    なにより肌を考えたスキンケア

  3. 細胞培養設備

    細胞培養設備

  4. 医療機関情報

    ベビーセルの提供医療機関

若く見える条件

若返り

若く見える条件

最近40,50 代の人達全般に渡って言える事は年齢より若く見られがちな人が昔より多くなっている事ではないだろうか。
自分自身がその年代にどっぷり浸かっているからと言う訳では無いのだが,
思えば,その年代が10 ,20代頃の1980年代某大手メーカーの化粧品CMの影響のよる日焼けブームで小麦色に焼けた肌も次に来た美白ブームでお手入れを早い段階から取り入れていた人達が多くいるのでは無いだろうか。ましてや,現在の30代では紫外線対策に日焼け止めが当たり前。一生の内で学生時代程紫外線に晒されている期間が長いのが事実。この時から日焼け止めを使用し,お手入れをして来た人と,そうでは無かった人との差が激しく現れてくるのは更に10年から20年後ではないだろうか。
今の20代に至っては日焼け対策を小学生の頃から日常的に行っているかいないかで大きな差が出ると容易に推測出来る。
要するに昔に比べて若く見られがちな人が多くなればそれは歳相応という事である。ましてや,今まで無頓着で過ごしていた方であれば実年齢の10 才以上の老け印象に陥ってしまうという事である。
しかし,昔の自分自身に後悔しても,そのツケを払うべく顔にはシミ,シワ,たるみのオンパレード。ただその年齢の溝を埋めるにしてもまず何をして良いのかもわからないのでは?
1番大事なのは汚れをきちんと落とす。そして保湿をしっかりする事である。
「顔洗ってます!」では無く角質ケアがされているかどうかですよ。これだけで「くすみ」が取れ明るい顔色に変わるはず。そして次の保湿の化粧水の入りは全く違う物になるんです。ただし,ここでも注意しておきたい事が化粧水を入れたら必ず乳液やクリームで蓋をしておくのです。量は肌質によって人それぞれですが化粧水だけでは蒸発して更に乾燥を引き起こしてしまいます。明るい顔色を作る事で多少若々しく見えるでしょう。心掛け次第で変わるキッカケを掴んで欲しいですね。
年齢は止める事は出来ません。しかし自分だけに起こる現象では無いのですから若く見られるのは顔の作りだけでは無いのです。肌質,肌色も十分影響してきますです。少しの努力で変わる事だ出来るのですがこれが毎日ですから女性とは面倒い物です。しかし女性は綺麗になり始めると欲張りにもなります。もっともっと綺麗になりたいと思う気持ちが若返りの秘訣ですよ。

関連記事